サロンやクリニックでの脱毛は痛いのが当たり前なの?

サロンやクリニックでの脱毛は痛いとよく言われていますが、痛いのは当たり前のことでしょうか。

 

フラッシュやレーザーの脱毛というのは、熱の力によって脱毛します。
熱エネルギーが毛根にダメージを与える際に、周囲の肌にも刺激を与えてしまうことで痛みは生じます。

 

そしてサロンよりもクリニックのレーザー脱毛のほうが出力も高いため、痛みが強いのです。
どれくらい痛いかというのは個人差がありますし、その部位の毛の太さ、濃さ、肌がデリケートかどうかによっても異なります。

 

一瞬熱を感じる程度という痛みから、ゴムで肌を弾いたようなパチンとした痛み、ハリで刺したような痛みなど様々です。
痛みがどの位なのか、ガマンできる程度なのか気になる場合には初回お試しで施術を受けるか、カウンセリングの時に試し射ちをしてもらうと安心できますね。

 

クリニックよりも出力がそれ程高くない脱毛サロンのほうが痛みは少ないです。ですがサロンとクリニックの違いは、この痛みに対するケアの違いでもあります。

 

サロンでの痛みのケアは冷却して痛みを緩和する方法が一般的です。また施術するエステティシャンによっても痛みは若干異なります。

 

クリニックの場合は、医療機関ですので塗る麻酔や笑気麻酔など積極的に痛みのケアをすることができます。ただし麻酔は料金に含まれませんのでその都度費用がかかってしまいます。

 

それでも万一の時には麻酔が使えると思うのは安心材料にもなります。痛みのケアが充実しているのはクリニックですので、サロンのほうが良いとは必ずしも言えません。

 

痛みを感じやすい方の特徴

 

痛みを感じやすい人の特徴としては、毛深くて乾燥肌ということが挙げられます。乾燥肌の人というのは肌の中の水分量が少ないため、火傷のトラブルも起こりやすいです。

 

あまりにもかさついている肌だとその部位の施術も断られてしまいますので、乾燥肌の自覚があるならなおさら日頃からのスキンケアが重要です。

 

また毛が太く密集していることの多いデリケートゾーンも痛みが強いです。デリケートゾーンは黒ずんでいることも多く肌も乾燥していますので、入浴後などに忘れずスキンケアをしなくてはいけません。

 

脱毛に通ってみたものの痛みが強くて通えない人は諦めるしかないのでしょうか。
脱毛は回を重ねるごとに、少しずつ毛根が弱っていくため生えてくる毛も細く弱くなっていきます。

 

ですので同じ出力でも痛みが違ってきます。ですから麻酔が使えるのなら痛い部位の時だけ使ってもらい、痛みが改善されてきたら麻酔なしで施術を受けるようにしていきます。

 

サロンの場合には痛すぎるなら出力を下げてもらうことをお願いするのも良いですね。